特許・実用新案閲覧システム

〜詳細表示〜

管理番号1 13106
管理番号2  
発明の名称 逆ミセル液‐液抽出法を利用した金属ナノ粒子の製造方法
特実区分 P
出願番号 2007-308126
公開番号 2009-132953
登録番号 5120929
IPC番号 B22F;B01D;C02F;C22B
満了  
拒絶  
グループ  
要約 【課題】逆ミセル法と液-液抽出法の両方の利点を合わせ持ち、かつ目的金属のみを選択的にナノ粒子化できる、新しい金属ナノ粒子の製造方法を提供することにある。【解決手段】例えば、金ナノ粒子を製造する方法は、金イオンを含む金属水溶液である水相と、界面活性剤としてAOTおよび有機配位子としてTODGAを含む不活性溶媒である有機相とを充分に混合し、金イオンを逆ミセルに濃集させた後、逆ミセルを含む前記有機相を分取し、分取された前記有機相に還元剤としてヒドラジンを加え、一定時間反応させて金ナノ粒子を生成するステップから成る。ナノ粒子化したい金属イオンの濃度が希薄で多くの不純物が共存する水溶液から目的金属イオンのみを高選択的に抽出するとともに、逆ミセルのナノ反応場を利用して高品質なナノ粒子を製造できる。
PDF PDF
データベースリンク