特許・実用新案閲覧システム

〜詳細表示〜

管理番号1 13058
管理番号2 D3010
発明の名称 放射性廃液のガラス固化処理方法
特実区分 P
出願番号 2007-286060
公開番号 2009-115490
登録番号 4665103
IPC番号 G21F
満了  
拒絶  
グループ  
要約 【課題】放射性廃液のガラス固化処理に際し、ガラスの軟化点以下の低温でガラス固化できるように工夫することで、設備材料の侵食や放射性元素の揮発を抑制し、設備やメンテナンスの費用を大幅に削減できるようにする。【解決手段】放射性廃液10中に、ガラス固化体として必要なガラス物性を得るための水溶性原料、及びアルコキシドの加水分解を促進するための溶媒を添加し、更に親油性のアルコキシド原料を添加して混和し、加水分解・重合反応を進めてゾルをゲル化し、得られた湿潤ゲルを乾燥させ、その乾燥ゲルを熱処理でガラス軟化点以下の温度で焼結させることによりガラス固化体12にする。
PDF ×
データベースリンク