成果利用

成果展開事業等の製品開発事例

冬季路面の凍結判断システムの開発

移転先 業種 製造業(精密機器)/計量器・測定器・分析機器・試験機
企業・団体名 山田技研(株)
製品・成果 製品名 路面性状センサー
特長 マハラノビスの距離によって定量的な判定で精度90%を達成。
路面性状センサー 路面性状センサー(左)
利用先 道路管理者
現況 商品化済・販売
関連情報 http://www.yamada-giken.co.jp
利用技術 目的・効果
安全環境 雪氷対策に係わる作業の効率化と大幅な経費削減に期待。
技術分野 計測・評価
技術概要 マハラノビスの距離によって、路面状況が凍結、積雪、乾燥、湿潤のどれであるかを定量的に判定を行う技術を開発。
使用特許 機器の診断方法(特許登録:第3007304号)
移転形態 共同研究・開発中、共同研究契約(H18)
備考 他掲載  
その他 成果展開事業(H18年度)